ファクタリングのメリット

###Site Name###

ファクタリングを一言でわかりやすく言うと、売掛金をファクタリングを行っている会社が買い取り、早期に現金化することです。

取引先からの入金は売掛金として存在することが多く、相手の会社の納品時期や請求時期などにより現金として入ってくる時期が定まらず、経営リスクを伴うことが多くあります。

その状況を打開すべく出来たのがこの新しい方法です。

人気のあるファクタリング情報の差に驚きました。

この方法にはメリットがあり、まず第一に売掛金を早期に現金化できることで、取引先が倒産したとしても、すでに売掛金は現金として回収できているので問題ないことが挙げられます。

OKWaveに関する情報が満載です。

また、依頼する際に売掛金の最低限度額などは企業によって異なるようですが、中小企業が利用しやすいように低い金額からも受け付けてくれる企業もあるようですので、便利な資金調達法の一つとして考えることができます。

実際に中小企業では決算時に売掛金を計上していて、書類上は黒字でも実際に現金が手元に入っていることが少なく、現時点での資金繰りに大変苦労することが多いのが現実です。


この状況は銀行への資金融資を断られる状態を招くことがあります。



そこで、このファクタリングが活躍することになります。

また、これらを利用することで、経理担当を自社に置くことなく、委託することができるので、経理を外注することができ、自社の経営に専念する時間が増えると共に、経理面でのアドバイスなどもしてもらうことができるので、様々なメリットにつながります。