黒字倒産を起こさないための資金繰り

###Site Name###

近年ITやベンチャーブームから、起業をする会社が増えています。
一方で、よく聞かれるのが資金繰り悪化による黒字倒産です。
一般的に起業の経営状況は損益計算書によって判断されます。

損益計算書が黒字であれば、経営状態は良好であり、赤字であれば収益改善に向けた取り組みが必要となります。

資金繰り 流れが最近こちらで話題になりました。

しかし、実際には黒字経営をしていても倒産してしまう会社があります。

それは、収支バランスが赤字であり、債務の返済や仕入れ資金の支払いができなくなり倒産となります。

この種の倒産事例は決して少なくなく、せっかく起業しか会社が倒産してしまうだけでなく多額の負債を抱えてしまいます。

黒字倒産を回避するためには、大きく2点に注意する必要がります。


まず、買掛金と売掛金のサイトを確認し、なるべく入金は早く支払いは遅くなるようにマネジメントしなければなりません。



このギャップを知るためには、資金繰り予定表を作成し会社のキャッシュフローを理解する必要があります。

また、貸借対照表に注目し、自己資本比率を高める経営をすることも重要です。

コトバンクの新しい魅力を紹介します。

負債が多い場合、将来経営環境が悪化した場合や急な出費などに対応できなくなってしまいます。

そのためできる限り負債を減らし、資本に厚みをもったマネジメントをする必要があります。
よって、以上の2点に注意して経営することで、資金繰り悪化による倒産や黒字倒産になる可能性を少なくすることができます。
最近では銀行もキャッシュフローに注目するようになっているため、今後の経営者には最重要項目と考えられます。