必要なときに現金化ファクタリング

###Site Name###

ファクタリングとは、企業が売掛債権を現金化するための方法の一つです。一般的な商取引では、商品やサービスの対価として「手形」を始めとする債権が支払われます。

これらの債権は、指定された期日に、指定された金融機関を訪れ現金化するため、商品者サービスを提供したその日に売上金を確保することができないことがほとんどです。

そのため急な資金が必要になった時に、利用されているのが売掛金債権を買い取るファクタリング会社なのです。
このファクタリング会社は、売掛債権を現金化できる期日未満に買取るサービスを提供しているので、急に必要になった時に売掛債権を現金化し、運転資金や他の取引での支払いに充てることができるのです。似たようなサービスに「手形買取」がありますが、この場合では貸し倒れリスクに伴う、買戻し請求権される恐れがあります。



もし、買い取られた手形に不渡りが発生した場合には、手形を買い取った業者から買い戻し請求が行われ、応じる義務が生じるのです。

これは、手形買取業者は「不渡りのリスク」までを買い取ったわけではないことが理由です。

All Aboutの情報ならこちらにお任せ下さい。

ファクタリング会社は、売掛債権に関わる全ての権利とリスクを買い取るため、仮に債権先が倒産したとしても「買戻し請求をしない」ことが大きな特徴となっており、メリットです。また、これ以外のメリットとして、必要なときに現金化できるキャッシュフローの改善、買戻し請求されないことでバランスシート上に記載する必要がないことがあります。


できるだけ早く売掛債権を現金化するときに利用されているのが、金融サービスのファクタリングなのです。

ファクタリングサービスついて詳しく説明しているサイトです。